「保健師資格試験」の受験条件や取り方の流れってどうなの?

特集1 特集2

保健師の受験資格から合格率まで

保健師の受験資格から合格率まで

受験資格の条件って?

保健師は、医師や弁護士などと同様に国家資格です。希望すれば誰でも受験できるわけではなく、国が定めた教育機関を卒業しておかなければなりません。受験できる条件は、看護師の免許を取得していること。もう一つは、保健師養成課程を修了していることです。そのほかにも、外国で保健師学校を卒業して保健師の免許を得ている人は受験することができます。受験資格を得るためには、社会福祉・統計学・公衆衛生看護学などについてもしっかり勉強をしておく必要があるようです。

資格の取り方の流れ

保健師の資格を取るためには、看護科のある高校へ進学して看護専門学校や看護系の短大で看護師の基礎を学ばなければなりません。その後に、保健師養成学校で地域看護学などの専門教育を受けます。ここまでの教育課程を修了してから、やっと保健師国家試験を受けることができるようになります。そのほかの方法として、4年制の看護大学で保健師になるための学科を卒業すれば、保健師だけでなく看護師と助産師などの受験資格を同時に得ることが可能です。看護大学は、実習内容や授業にゆとりがあるので学問として看護や保健をみっちり勉強したい方にもおすすめ。受験の願書を提出する際は、半年以内に撮影した写真・返信用封筒・受験資格を証明できる書類が必要になります。

合格率からみる難易度

保健師国家試験の合格率は90%前後と高く、学校での勉強をしっかりとこなしていけば問題なく合格できる難易度です。医療系の国家資格で合格率が高い理由として、受験資格を得るまでのさまざまな苦労や学習時間が関係していると言われています。保健師になるためには、看護師の資格を取得した後に保健師の専門知識を身につけなければなりません。保健所での実習を積み、どんな場面にも対応できる柔軟性を養います。学ぶことが多い保健師ですが、社会という広い範囲で人々の健康を支えるためには幅広い見識を持っておく必要があります。その過程で挫折せずに努力をし続けた結果として、必然的に合格率が高くなっているのではないでしょうか?

おすすめ記事ピックアップ

  • 保健師の受験資格から合格率まで

    保健師として働くためにどうしても必要な「保健師資格」。受験す
    るための条件や資格取得までの道のりって一体…?保健師に興味がある方ならぜひとも知りたいところですよね!そんな疑問にズバっと答えます。
  • 保健師になったきっかけ特集!

    「保健師になりたいけど、こんな理由ってアリ?」そんな時気になるのが経験者の転職理由。同じきっかけに共感したり、違う意見が新鮮だったり…。保健師が選ばれるわけを知って、転職への第一歩を踏み出しましょう!
  • 知りたい!保健師さんの給与事情

    看護師や医師はもちろん、行政書士・公認会計士などと同じ国家資格である保健師。あまり聞き馴染みの無い資格ですが、圧倒的に就職に有利な資格の一つです。看護師に比べ、保健師の給与についてはあまり有名ではありません。さまざまな手当がつく医師や看護師に比べて少しだけ収入は低いものの、勤務先によっては保健師の収入のほうが高くなるケースがあります。同じ医療に携わる看護師との給与比較や、行政・産業・学校で働く保健師の給与や待遇の違いを詳しく調べてまとめています。気になる方はこちらをご覧ください。
  • 求人の探し方

    大人気の職業「保健師」。どこから求人を探せばいいの?と迷っているうちに、他の人に決まってたなんてことも…。転職成功には効率良い情報のゲットが肝心です。自分に合った求人の探し方を見つけましょう!