人気急上昇中の保健師。必要なスキルとなるための方法とは?

特集1 特集2

保健師を目指すにあたって

保健師を目指すにあたって

保健師とは

「保健師」というお仕事をご存知でしょうか?医療従事者以外の人にはあまり聞き慣れない職業です。保健師と一口に言っても、役割はいろいろ。行政・産業・学校などの種類に分けることができます。それぞれの仕事内容も少しずつ違っていて、「行政保健師」は各都道府県において地域住民の病気の予防活動や健康問題に関するアドバイスなどを行なっています。「産業保健師」は民間企業で働いている保健師で、企業で働く人たちの健康管理が主な仕事です。「学校保健師」は、学生だけでなく教職員の心身の健康に気を配りながら身近な相談相手としての役割も担っています。病気の治療というよりも、健康の予防・維持に特化し、身体だけでなく心の健康づくりもサポート。保健師は、人々の健康を守っていくためには欠かすことのできない職業なのです。

どうやって保健師になるの?

保健師は今まで、医師や看護師に比べてあまりスポットが当てられていませんでした。しかし最近では、徐々に需要が高まってきたことで注目を集めています。理由は大きく2つ。1つ目は、医療制度改革です。生活習慣病の予防のための健診や特定保健指導の義務化により需要が拡大。2つ目は高齢化社会です。介護施設へ入居する高齢者の数は年々増加傾向にあります。その施設などでも活躍できる保健師の力が必要になってきたからです。ニーズが高い職業である保健師になるには、一体どうすればよいのでしょうか?保健師になるためには、国によって定められた教育機関を卒業して保健師の受験資格を得なければなりません。その後、保健師国家試験と看護師国家試験の両方に合格することで保健師になることができます。詳しくは、次のページ「保健師の受験資格から合格率まで」をご覧ください。

必要とされるスキル

保健師の活躍が大いに期待されている現在、保健師に求められているスキルはさまざま。それは地域の健康問題を明らかにしてその改善に努める力と、公衆衛生看護の技術です。保健師として専門性の高いスキルを身につけているだけでなく、健康に不安を抱えた人たちとコミュニケーションを図る能力も地域社会の健康を保つために必要なスキルとして重要視されています。

おすすめ記事ピックアップ

  • 保健師の受験資格から合格率まで

    保健師として働くためにどうしても必要な「保健師資格」。受験す
    るための条件や資格取得までの道のりって一体…?保健師に興味がある方ならぜひとも知りたいところですよね!そんな疑問にズバっと答えます。
  • 保健師になったきっかけ特集!

    「保健師になりたいけど、こんな理由ってアリ?」そんな時気になるのが経験者の転職理由。同じきっかけに共感したり、違う意見が新鮮だったり…。保健師が選ばれるわけを知って、転職への第一歩を踏み出しましょう!
  • 知りたい!保健師さんの給与事情

    看護師や医師はもちろん、行政書士・公認会計士などと同じ国家資格である保健師。あまり聞き馴染みの無い資格ですが、圧倒的に就職に有利な資格の一つです。看護師に比べ、保健師の給与についてはあまり有名ではありません。さまざまな手当がつく医師や看護師に比べて少しだけ収入は低いものの、勤務先によっては保健師の収入のほうが高くなるケースがあります。同じ医療に携わる看護師との給与比較や、行政・産業・学校で働く保健師の給与や待遇の違いを詳しく調べてまとめています。気になる方はこちらをご覧ください。
  • 求人の探し方

    大人気の職業「保健師」。どこから求人を探せばいいの?と迷っているうちに、他の人に決まってたなんてことも…。転職成功には効率良い情報のゲットが肝心です。自分に合った求人の探し方を見つけましょう!