知りたいけれどなかなか聞けない。保健師の給与・待遇事情とは?

特集1 特集2

知りたい!保健師さんの給与事情

知りたい!保健師さんの給与事情

保健師の平均年収は?

看護師の年収が高いことは一般的によく知られている話。しかし、保健師の年収がどのくらいなのかはあまり知られていません。保健師は、大きく3つに分けることができます。市区町村の保健センターで活躍する行政保健師、一般企業の医務室などで活躍する産業看護師、学校の保健室などで活躍する学校保健師です。勤務する地域や職場によって違いはあるものの、行政保健師の平均年収は500万円~600万円、産業保健師は400万円~500万円、学校保健師は300万円~400万円と言われています。保健師になるためには、看護師と保健師、両方の資格取得が必要になります。国家試験を二度クリアしなければならないので、保健師の資格を活かせる職場であれば他の職業よりも平均年収は高くなる傾向にあります。

看護師との給与比較

「保健師」と「看護師」。両方とも医療に携わる職業ですが、その給与はどのくらい違うのでしょうか?30代看護師の場合ですと、平均月収は30万円前後と言われています。保健師の給与は行政機関と民間企業に勤務している場合では金額が異なり、平均数値を出すことは実は難しい、というのが現状です。保健師には夜勤がないため、夜勤手当がつく看護師よりも少しだけ月収は低くなります。しかし最近では、介護福祉施設での保健師の仕事が増えて夜勤をする職場もあるので、保健師の月収が高くなるケースがあります。高齢化社会の今、ニーズも高まってきているのでオススメです。給与アップを目指すのであれば、介護福祉施設も視野に入れるといいでしょう。

行政・産業・学校の給与と待遇の違い

国家公務員待遇で採用されている行政保健師の場合は、勤続年数に応じて安定的に昇給し、年収500万円~600万円が相場になります。一般で働く産業保健師の平均年収は400万円~500万円で、その年収はその企業の就業規則に基づいて決められています。しかし、産業保健師を採用する企業は大手企業であることが多いため、公務員よりも高収入になる場合もあります。行政保健師と産業保健師のちょうど中間にあたる学校保健師は、勤務先が公立か私立かで年収に違いが出てくるのでケースバイケースと言えるでしょう。どれも首都圏をベースとした給与設定なので、地方に行くともう少し平均が下がってしまうかもしれません。

おすすめ記事ピックアップ

  • 保健師の受験資格から合格率まで

    保健師として働くためにどうしても必要な「保健師資格」。受験す
    るための条件や資格取得までの道のりって一体…?保健師に興味がある方ならぜひとも知りたいところですよね!そんな疑問にズバっと答えます。
  • 保健師になったきっかけ特集!

    「保健師になりたいけど、こんな理由ってアリ?」そんな時気になるのが経験者の転職理由。同じきっかけに共感したり、違う意見が新鮮だったり…。保健師が選ばれるわけを知って、転職への第一歩を踏み出しましょう!
  • 知りたい!保健師さんの給与事情

    看護師や医師はもちろん、行政書士・公認会計士などと同じ国家資格である保健師。あまり聞き馴染みの無い資格ですが、圧倒的に就職に有利な資格の一つです。看護師に比べ、保健師の給与についてはあまり有名ではありません。さまざまな手当がつく医師や看護師に比べて少しだけ収入は低いものの、勤務先によっては保健師の収入のほうが高くなるケースがあります。同じ医療に携わる看護師との給与比較や、行政・産業・学校で働く保健師の給与や待遇の違いを詳しく調べてまとめています。気になる方はこちらをご覧ください。
  • 求人の探し方

    大人気の職業「保健師」。どこから求人を探せばいいの?と迷っているうちに、他の人に決まってたなんてことも…。転職成功には効率良い情報のゲットが肝心です。自分に合った求人の探し方を見つけましょう!