効率の良い求人の探し方を知り、夢だった保健師になる!

特集1 特集2

保健師になろう!

保健師の転職の現状と見つけるコツ

現在人気急上昇中の「保健師」。生活習慣病の予防と改善が問題となっている今、行政機関や産業の現場から保健師を必要とする声が聞こえてくるようになりました。また、規則的な勤務スタイルも人気の理由です。お仕事は日勤のみで過度な残業はありません。病院のように命に関わるお仕事ではないため、精神的なストレスも感じにくいでしょう。さらに土日祝日はお休みの職場が多いため、病院勤務に疲れた看護師さんたちが保健師を目指す傾向にあるのです。ニーズが高まっている+働きやすい環境=保健師。人気があるのも納得です。しかし保健師の求人募集は非公開のものが多く、なかなか見つけることができません。見つけても、人気が高い求人のため応募がすぐに終わってしまうケースもあり、転職のタイミングが重要なポイントになります。最近では、保健師の求人を取り扱っている転職支援サイトを利用して転職される方が増えてきています。自分に合った転職先を見つけるコツや、これから狙い目の職場など、私がリサーチした情報を分かりやすくまとめています。

求人の探し方

転職をする際に、求人情報を探す方法は人によってさまざまです。代表的なのが、ハローワーク。国が運営しているハローワークは、窓口の職員と密に相談し合いながら転職先を決めることが可能です。履歴書の書き方から面接対策まで、個々にアドバイスもしてもらえます。転職する上では心強い味方になるでしょう。市町村のHPにも、地域に密着した保健師の求人募集が掲載されている場合があります。人事担当の方に直接問い合わせることができるのがメリットです。利用者が年々増えている看護系の転職サイトは、自分の空いた時間に求人情報を見られるその手軽さが人気のようです。サイトの専任コンサルタントが職探しから就業までを無料でしっかりサポートしてくれるので、転職に不安をお持ちの方でも安心して利用することができます。それぞれのメリットや特徴を詳しく知りたい方は、ぜひこちらをご覧ください。

おすすめ記事ピックアップ

  • 保健師の受験資格から合格率まで

    保健師として働くためにどうしても必要な「保健師資格」。受験す
    るための条件や資格取得までの道のりって一体…?保健師に興味がある方ならぜひとも知りたいところですよね!そんな疑問にズバっと答えます。
  • 保健師になったきっかけ特集!

    「保健師になりたいけど、こんな理由ってアリ?」そんな時気になるのが経験者の転職理由。同じきっかけに共感したり、違う意見が新鮮だったり…。保健師が選ばれるわけを知って、転職への第一歩を踏み出しましょう!
  • 知りたい!保健師さんの給与事情

    看護師や医師はもちろん、行政書士・公認会計士などと同じ国家資格である保健師。あまり聞き馴染みの無い資格ですが、圧倒的に就職に有利な資格の一つです。看護師に比べ、保健師の給与についてはあまり有名ではありません。さまざまな手当がつく医師や看護師に比べて少しだけ収入は低いものの、勤務先によっては保健師の収入のほうが高くなるケースがあります。同じ医療に携わる看護師との給与比較や、行政・産業・学校で働く保健師の給与や待遇の違いを詳しく調べてまとめています。気になる方はこちらをご覧ください。
  • 求人の探し方

    大人気の職業「保健師」。どこから求人を探せばいいの?と迷っているうちに、他の人に決まってたなんてことも…。転職成功には効率良い情報のゲットが肝心です。自分に合った求人の探し方を見つけましょう!