スムーズな転職のために。自分に合った求人の探し方を知ろう

特集1 特集2

求人の探し方

求人の探し方

ハローワーク

夜勤なし・土日祝休みなど、勤務条件が良い保健師。そのため、人気も高く求人が出ていることは極めて少ないでしょう。希少な求人である保健師のお仕事を見つけるにはどうすれば良いのでしょう?まずはハローワークです。どんな職種の方でも一度はココを利用される方が多いと思います。地域に密着した職場を見つけることができるのは、ハローワークのメリットです。最近ではインターネット上でもハローワークの求人検索ができるようになっているので、空いた時間にこまめに求人をチェックすることができます。また、履歴書の書き方のアドバイスや面接の練習をしてもらえるなど、具体的な相談に乗ってくれるところもハローワークならではの特徴です。しかし、ハローワークが混み合っているときは長く待たされる場合があります。地域によっては窓口の予約サービスがあるので、行く前に一度問い合わせてから行くと良いでしょう。

市町村HP

保健師の求人情報は、各市町村のHPにも掲載されているケースがあります。保健師の活躍場所には、保健所や医療機関などが挙げられますが一番多いのが自治体です。各市町村のHPには、行政保健師を対象とした求人がほとんど。行政保健師を目指される方にはピッタリの検索方法と言えます。地域によっては学校保健師の求人が公開されているところもあります。人事担当の方に直接問い合わせることができるので、詳しい仕事内容や職場の雰囲気など信憑性の高い情報を得ることができるのが特徴です。

人材紹介会社(転職サイト)

保健師の転職となると、求人数も少ないのでなかなかスムーズに事が進まないのが現実です。自分の力で探し出そうとする前に、まずは看護系の転職支援サイトに登録しておくことをおすすめします。保健師の求人は転職サイトでのみ公開する求人情報も多いので、一人では探すことができない非公開案件を見つけることができます。保健師をよく理解してくれている専任のコンサルタントがしっかりサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です。通勤途中や仕事の休憩時間など、携帯で手軽に求人情報をチェックできるところも良いですね。

おすすめ記事ピックアップ

  • 保健師の受験資格から合格率まで

    保健師として働くためにどうしても必要な「保健師資格」。受験す
    るための条件や資格取得までの道のりって一体…?保健師に興味がある方ならぜひとも知りたいところですよね!そんな疑問にズバっと答えます。
  • 保健師になったきっかけ特集!

    「保健師になりたいけど、こんな理由ってアリ?」そんな時気になるのが経験者の転職理由。同じきっかけに共感したり、違う意見が新鮮だったり…。保健師が選ばれるわけを知って、転職への第一歩を踏み出しましょう!
  • 知りたい!保健師さんの給与事情

    看護師や医師はもちろん、行政書士・公認会計士などと同じ国家資格である保健師。あまり聞き馴染みの無い資格ですが、圧倒的に就職に有利な資格の一つです。看護師に比べ、保健師の給与についてはあまり有名ではありません。さまざまな手当がつく医師や看護師に比べて少しだけ収入は低いものの、勤務先によっては保健師の収入のほうが高くなるケースがあります。同じ医療に携わる看護師との給与比較や、行政・産業・学校で働く保健師の給与や待遇の違いを詳しく調べてまとめています。気になる方はこちらをご覧ください。
  • 求人の探し方

    大人気の職業「保健師」。どこから求人を探せばいいの?と迷っているうちに、他の人に決まってたなんてことも…。転職成功には効率良い情報のゲットが肝心です。自分に合った求人の探し方を見つけましょう!