希少求人をゲットするコツとは?保健師転職への近道を知ろう!

特集1 特集2

保健師の転職の現状と見つけるコツ

保健師の転職の現状と見つけるコツ

保健師は人気が高い希少求人!

地域保健や産業保健の現場において、糖尿病や生活習慣病予防の観点から「保健師」のニーズが高まっています。公衆衛生看護のエキスパートとして、地方自治体や民間企業などからその能力を必要とされているからです。即戦力として求められることが多いですが、未経験の方や健康指導に関心のある方にも人気です。また、カレンダー通りの休日や日勤帯のみなどの働きやすさも人気の一つ。変則的な病院勤務と比べ、体力的にも精神的にも楽になるでしょう。
保健師の求人は案件数が少ない上に、人気急上昇中の求人です。希望の求人が出てもすぐに応募が終わってしまうので、転職のタイミングがとても重要になります。次に、希少な求人をゲットするためのポイントについてご紹介していますのでご覧ください。

求人をゲットするポイントとは?

保健師の求人を探す際に、ハローワークや求人情報誌を利用されている方は多いと思います。しかし保健師の求人は非公開案件が多く、保健師求人の数自体も決して多くはありません。実は、一般的な方法では見つけにくい求人なのです。オススメの探し方は、保健師求人サイトや看護師専門の転職支援サイトに登録しておくこと。保健師の転職事情をよく理解している専任のコンサルタントが、自分の希望に沿った求人を探してくれますよ。よりよい人材を探すために非公開にしているところも多いので、転職サイトを上手く利用すれば自分に合った求人情報を見つけられるはずです。

これから狙い目の職場

転職するにあたって最も重要視されるポイントは、やはり「給与」ではないでしょうか。その点で安定を見込める職場と言えば、地方自治体などの行政機関です。保健所・医療機関・事業所などで活躍できる保健師ですが、就業場所に一番選ばれているのが自治体なのです。求人数自体はそう多くはありませんが、賃金や待遇では行政保健師が狙い目と言えます。保健所や保健センターでは、常勤の保健師だけでなく非常勤の保健師も募集しているところがあるので、こうしたところに転職できる可能性も十分あります。一度現場を離れた主婦の方も、保健師の資格があればすぐに活躍できる職場です。

おすすめ記事ピックアップ

  • 保健師の受験資格から合格率まで

    保健師として働くためにどうしても必要な「保健師資格」。受験す
    るための条件や資格取得までの道のりって一体…?保健師に興味がある方ならぜひとも知りたいところですよね!そんな疑問にズバっと答えます。
  • 保健師になったきっかけ特集!

    「保健師になりたいけど、こんな理由ってアリ?」そんな時気になるのが経験者の転職理由。同じきっかけに共感したり、違う意見が新鮮だったり…。保健師が選ばれるわけを知って、転職への第一歩を踏み出しましょう!
  • 知りたい!保健師さんの給与事情

    看護師や医師はもちろん、行政書士・公認会計士などと同じ国家資格である保健師。あまり聞き馴染みの無い資格ですが、圧倒的に就職に有利な資格の一つです。看護師に比べ、保健師の給与についてはあまり有名ではありません。さまざまな手当がつく医師や看護師に比べて少しだけ収入は低いものの、勤務先によっては保健師の収入のほうが高くなるケースがあります。同じ医療に携わる看護師との給与比較や、行政・産業・学校で働く保健師の給与や待遇の違いを詳しく調べてまとめています。気になる方はこちらをご覧ください。
  • 求人の探し方

    大人気の職業「保健師」。どこから求人を探せばいいの?と迷っているうちに、他の人に決まってたなんてことも…。転職成功には効率良い情報のゲットが肝心です。自分に合った求人の探し方を見つけましょう!